新型コロナウイルス感染対策と社会的対応

当院では特別措置法に基づいた緊急事態宣言に準じて
「地域社会への感染防止対策に最大限協力した上で診療を行っています」

当院では4つの観点から
感染対策を徹底しています

医療者の対応
飛沫・空気感染対策
接触感染対策
ソーシャル・ディスタンシング

当院の取り組み

医療者の対応
  • スタッフ全員の検温を行う
  • 発熱などの症状のあるスタッフは医院に立ち入らない
  • マスク・ゴム手袋・フェースガードまたは防塵グラス・オペ着(手術衣)を着用する
  • 診療所への入室時に手洗いとアルコールでの手指消毒を行う
  • 患者さんごとにアルコールでの手指消毒を行う
飛沫・空気感染対策
  • 患者さんの来院時に薬液でのうがい、手洗いをしていただく
  • 歯を削るときにはなるべく低速(5倍速)の切削エンジンを使う
  • 歯石の除去に超音波の装置はなるべく使わず、手でスケーリングを行う
  • 診療時にバキューム(唾液・血液等吸引装置)、口腔外バキューム(粉塵等吸引装置)を使用する
  • 定期的に換気をする
接触感染対策
  • 診療室の什器をアルコールで定期的に消毒・噴霧する
  • ドアノブや手すりなどをアルコールで清拭する
  • 治療ユニットパネルや診療台を患者さんごとにアルコールで清拭する
  • 治療器具は患者さんごとに交換して消毒滅菌する
  • 患者さんの歯型採取に使用したトレーは次亜塩素酸で消毒する
  • ゴム手袋はディスポーザブル(使い捨て)にする
  • 患者さん用のエプロン、コップはディスポーザブル(使い捨て)にする
  • 書籍・雑誌やパンフレット、ウォーターサーバーなどを撤去する
  • キッズコーナーを一時閉鎖する
ソーシャル・ディスタンシング(時間や間隔を空ける)
  • 予約診療を徹底する
  • いつもより予約と予約の間隔を長くする
  • 高齢の方(おおよそ65歳以上)の健診とメンテナンスは別の機会をご検討いただく
  • 待合室のイスの間隔を広くする
  • 車で来院された方は、ご自身の診療時間まで駐車場で待機していただく
  • 個室診療室を利用する、もしくは治療ユニットの間隔を空けて座っていただく

歯科医療の新型コロナウイルス(COVID-19)感染予防対策

1.スタンダードプリコーションの遵守

  1. 歯科診療にあたっては、全ての患者は何らかのキャリアとみなして、ラテックスグローブ、マスク、フェースガード(または防塵グラス)、白衣(必要に応じて防水エプロンの重ね着)などの個人防護具を着用し、スタッフ一丸となり感染防御に当たる。在宅診療を含めて診療前後の消毒用アルコールでの手洗いを徹底する。
  2. 患者毎に滅菌済みのタービンハンドピースや器具類を使用し、使用後には速やかに滅菌を行う。
  3. 全ての患者に対し、処置前に抗菌性洗口液でのガラガラ嗽を求め、エアロゾルの感染因子を減少させる。
  4. タービンや超音波スケーラーの使用時には、バキューム・口腔外バキュームを使用する。
  5. 印象採得などは速やかに専用の次亜塩素酸溶液で消毒する。

2.発熱患者への対応

  1. 4日間、37.5℃以上の発熱が続いている患者に対しては、最寄りの保健所に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談する。
  2. 37.5℃以上の発熱がある患者に対しては応急処置に限定する。
  3. 全ての発熱患者に、速やかな帰宅を促す。

3.処置前の抗菌性洗口液によるガラガラ嗽をさせる

  1. ポビドンヨード液は多くのウイルスを不活化させるため、イソジンやネオヨジンによる所定の濃度でのガラガラ嗽を求める。
  2. 日常的に使われる抗菌性洗口液のエッセンティシャルオイルのリステリン液は、エンベロープを有するインフルエンザウイルスを不活化させるため、COVID-19にも有効と考えられる。しかし、抗菌性洗口液に含まれるグルコン酸クロルヘキシジン (CHX)と塩化セチルピリジウム(CPC)の短時間でのウイルス不活化効果は低い。

4.診療室の頻繁な消毒と診療室を離れる際の消毒

  1. エンベロープを有するCOVID-19は、消毒用アルコールで不活化するため、ユニットを始めとする周辺環境に噴霧する。次亜塩素酸は0.05~0.1濃度で不活化させるためユニット、床、ドアなどの消毒に有効である(溶液の次亜塩素酸濃度は低下するため作ってすぐに使う)。
  2. 診療室を離れる際は、その都度、アルコール系擦式手指消毒剤による手指の消毒と、消毒用アルコールを白衣に噴霧する。
  3. 白衣は複数準備して頻繁に洗濯する(洗剤はエンベロープを有するウイルスを不活化させる)。

5.診療機関スタッフに発熱のある場合は医療現場に立ち入らない。


海外から帰国された方へ

過去14日以内に海外に滞在歴のある方は、全員にPCR検査が実施され、検査結果が出るまで自宅等、空港内のスペース、または検疫所が指定した施設等で待機いただくことになっており、ご来院いただけません。

体の不調をお感じの方へ

発熱・倦怠感などカゼのような症状、味覚や嗅覚の障害などをお感じの方は、ご自身のかかりつけ医、または各自治体やお近くの保健所の「新型コロナウイルス感染症相談窓口」に相談の上ご来院をお願いします。